出会い系なんて出会い無いと思ってたのに

10年以上も前のことになります。
私が二十歳前後の頃携帯電話のメル友募集サイト「スタービーチ(通称:スタビ)」が大流行していました。
掲示板に自分のアドレスを貼り付けて返事をしてきた相手と簡単にメル友になれる掲示板です。
周りの友達はみんなその話題で盛り上がっていて私は特に興味が無かったのですが、寝る前の暇つぶしになんとなく「スタビ」にログインしてみました。
たくさんの人が出会いを求める中、一人に的を絞りメールを送ってみることにしました。
相手は私より5歳上の方で最初は一日に何通かやり取りをしていきましたが、ある日相手が「私の顔が見たい、写メを送ってほしい」と言ってきました。
だいたいそうなることは予想ができてましたがついに来たかと思い「先に送ってくれたらいいよ」と返信し相手が画像を送ってくるのを待ちました。
その間キメ顔で何度か自撮りしてるうちにすぐに写メが届き見た瞬間、拍子抜けというか頑張ってキメ顔ポーズで自撮りしてた自分が恥ずかしくなりました。
相手は今撮ったかのような普通の自撮り写メを送ってきてしかもその顔が私はタイプでは無かったにも関わらず下心とか全く無い優しい青年に見えました。
だから私も素の自分を送らなきゃと思いそのまま撮ってすぐ送信しました。
それから3ヶ月くらいやり取りがあり家もそう遠くはなかったので直接会うことになりました。
静止画でしか彼を知らなかったわけですが実際会った時もそのままの姿でお互い友達に会うかのような初対面となりました。
すでにメールで意気投合していたので自然な流れでお付き合いすることになりました。